シンプルケアで肌荒れを治してくれる馬油

生活リズムが崩れたり睡眠不足になったりなど、健康面での不調が続いてしまうと肌荒れしやすくなてしまいます。
フェイスラインに大人ニキビがポツポツできてしまったり、肌が敏感になてしまっていつもの化粧品がピリピリ刺激を感じたりします。お手軽に出来る!荒れにハトムギを飲む

 

そんな肌荒れしている時には化粧品が負担になって余計肌荒れがひどくなってしまうので、シンプルケアを行うことにしています。

 

いつもの化粧品を封印して肌が回復するまで使わないようにして、変わりに登場するのが馬油です。
スキンケアに馬油はやっている方も多いですが、基礎化粧品なしで馬油のみのケアでもしっかり肌荒れ対策になります。

 

洗顔してまだ水分が肌に残っている状態で馬油を薄く塗ってあげると、水分を閉じ込めてしっかりと保湿してくれます。
乾燥しやすい冬にはやや馬油を多めにすると、乾燥対策にもなります。

 

肌荒れしている時には洗顔すら負担になりますから、馬油洗顔で洗顔料を使わない洗顔もいい感じです。
馬油をやや多めに肌に伸ばしてクレンジングするみたいに優しくクルクルします。
その後、ぬるま湯で丁寧に洗い流すだけでしっかりと汚れを取ることができます。

 

油は油で落とすの原理で、皮脂などの毛穴汚れもすっきりと落ちますし、洗顔料を使っていませんから肌を乾燥させることもありません。
むしろ肌がもっちりとしてきて、肌荒れを早く治すのに役立ちます。

 

元々、馬油は民間薬として使われているもので、やけどやひび割れなどを治す抗炎作用を持っています。
肌荒れもいわば炎症のようなものなので、馬油でケアしてあげると徐々に肌がきれいになってくれます。

 

花粉症時期の肌のかゆみや赤みも軽減してくれますし、ニキビの治りも早くなります。
普段のスキンケアにもブースター代わりやパックなどに取り入れていて、馬油は手放せないアイテムです。

 

顔だけでなく体や髪にも使える万能油ですから、持っていて損はないです。
アンチエイジング8